ももち浜ストアさんとWS前半戦の記録

物凄い怒涛の様に日々が駆け抜けてゆく‥ので、備忘録も兼ねて記録しておきます〜。
まずは11月24日(日)にtaramu books and cafeさんにて行った年賀状WSから。1枚目は見本捺しのもので、2枚目は参加者の方の作品。チーズ激押し・グラデーションパット活用・カラフルポップな配色と紙袋ご持参で文字はんこ、と横で拝見しててとっても楽しかったです。単発WSの面白い所は、その場所・参加される方の顔触れによって、内容が変動してゆく事。彫るポイントについて深める回があったり、捺しに比重がかかったり‥。taramuさん、お世話になりました!
11月25日(月)放送のTNC「ももち浜ストア」さんでは、撮影協力(出演)をさせて頂きました。ご覧頂いた皆様、ありがとうございます。撮影3時間弱・放送5分ちょいだったので、編集の妙を感じました‥凄い綺麗にコンパクトにまとまってましたね。写真は、矢野ぺぺさん作のネズミちゃん‥を終了後に彫ったもの。矢野さん、スタッフの皆さん、楽しい機会を頂き、ありがとうございました!ちなみに撮影場所としてお借りしたのは、12月7日にWSを行うOYATSUさんです〜。
12月1日(日)は鞍手町歴史民俗博物館さんにて「史跡の保存と整備」展関連講座を行いました。当日は消しゴムはんこで「古月(ふるつき)横穴」(←古墳の一種)の壁画に描かれている文様をモチーフに、皆さんにはんこを制作して頂き、壁画風に捺してみたのが‥こちらです!意外と可愛い!!(笑)
当日は生憎のお天気で、古墳を拝見する事は出来なかったのですが、企画展は拝見して来ました。入場無料ですが見応えあります。私は須恵(すえ)器という種類の土器(ろくろで成型されていた物)の丸みが凄く美しいと思いました。いやもうホント、滅茶苦茶キレイやったんですよ‥。担当学芸員さん(方墳が専門)と今回のイベントを企画して下さった担当さんが案内して下さったのですが、そこで「ちなみに、時代は何時代が好きですか?」と尋ねられ「え‥時代?!」となったりもしましたが‥改めて自分はどの時代が好きかとか、考えた事無かったな‥歴史を若干苦手としている私にも分かりやすいよう、色々説明して下さいました。
結構不明な事も多い(何せ時代が凄く遠い)そうなのですが、何が正解なのかは分からない、けれど色々な可能性を考える事が出来る、というのも面白いのだなぁと思いました。折角なので、学芸員さんに色々お聞きしてみるのも良いかと。色んな可能性のお話聞けるの、めっちゃ楽しいです。こちらの企画展は、12月8日(日)まで開催されているとの事です〜。
お土産に頂いた「成金饅頭」(お隣直方市の銘菓だそう)がメチャ美味でした‥白餡がですね、絶妙な豆の潰し具合で(コリコリした食感が所々にある)甘さも抑えめ、モチっとした皮は薄めで‥本当に美味しかった‥。(←味を思い出し反芻している)
そしてこれは先日、友人がイベントに出るというので個人的な応援として作った簡易看板。表紙イラストだけ借りて、それに合わせて独断と偏見で文字を描きました。右下が空いているのは、ここに新作を置いて貰う為。金のインクが使いたかったので、まさかの直描きです。(笑)友人のイラスト、空気感‥空間があって素敵なんですよ〜。
という感じで前半戦でした!今年も残す所あと1ヶ月弱。体調に気を付けつつ、頑張りたいと思います〜。